ブリッツェン6 熟成日記

スバル・レガシィBlitzen6への「海よりも深い愛」を綴るブログ Written by Masato SASAKI, HOKKAIDO

レガシィの季節

夏から秋を超え、もう冬だ。

ブリッツェンのタイヤをスタッドレスに交換した。

 

2シーズン履いたピレリ夏タイヤの後輪がかなり摩耗していたので、10月に新しいものに交換してあった。

コンチネンタルMC6という銘柄のマルチパーパスタイヤだ。

粘り気があり、静粛で、柔らかく、狙ったコースをしなやかにトレースしてくれる実に心地の良いタイヤだ。

あまりにも気持ち良く、例年より雪も遅いということもあり、スタッドレスに換えるのを躊躇していたが、ようやく重い腰をあげた。このままでは早晩根雪になり、運行不能に陥りそうだったからだ。

 

f:id:blitzen6:20181130000118j:plain

 

息子に少々手伝ってもらいながら、4輪を交換した。

使う道具は車載工具と手近のレンチのみ。基本に忠実にタイヤ交換の手順を教えた。

もちろん最後の締め付けは自分がしっかりと行った。

 

f:id:blitzen6:20181130000332j:plain

 

3シーズン目のピレリ・アイスアシンメトリコは、凍った路面に粘り強く食いついてくれている。クルマとタイヤの性能を過信せず、安全マージンをとり、楽しく走り抜けていきたい。

 

札幌はきょう、ようやく質の良いしっかりとした雪が舞った。

いよいよ北海道の冬が始まる。

レガシィの季節も幕を開ける。