ブリッツェン6 熟成日記

スバル・レガシィBlitzen6への「海よりも深い愛」を綴るブログ Written by Masato SASAKI, HOKKAIDO

美幌町のブリッツェン6

札幌から道央自動車道〜旭川紋別自動車道を北上

きょうはオホーツクの美幌町までやってきた。

高速の終点が遠軽瀬戸瀬インターまで延びており、さらにオホーツク圏が近くなった。

 

f:id:blitzen6:20170604064510j:plain

 

札幌インターを14時45分に通過し、遠軽のセブンイレブンに立ち寄ったのが17時10分

2時間半で遠軽町。

普通に安全速度で走ってきてこの時間だ。

近い。

f:id:blitzen6:20170604064859j:plain

 

そして、寒い。

振替の運動会が開催されていた札幌は、半袖でも過ごせる気温だったが、

ブリッツェンの外気温表示を見て驚いた。

f:id:blitzen6:20170604064505j:plain

 

6月だというのに、今にも雪が降り出しそうな気配である。

北海道は広い。

 

しかしブリッツェン6の走りは、その距離と時間を感じさせないものだった。

振動が少ないというのは、こんなにも疲れに影響しないものなのか。

短時間で着いたからとはいえ、ほとんど疲労感がない。

アクセルを踏んでいれば、いつのまにか着いてしまったという感じだ。

スムースな走りといのはこういうことか。

改めて6気筒エンジンの実力を思い知ることになった。

 

その後も余裕で峠を越え、

18時15分には目的地「びほろエコハウス」に着いた。

札幌インターから3時間半、自宅からは4時間の旅だった。

 

走行距離は334キロ。

燃料を満タンにするとちょうど30リットルを飲み込んだ。

f:id:blitzen6:20170604064517j:plain

 

ますますこのクルマで、いろんな土地を旅したくなった。

 

f:id:blitzen6:20170604071732j:plain