ブリッツェン6 熟成日記

スバル・レガシィBlitzen6への「海よりも深い愛」を綴るブログ Written by Masato SASAKI, HOKKAIDO

カフェに佇むブリッツェン6

仕事帰り。

コーヒー豆を切らしていたことを思い出し、

電車通り沿いのコーヒー店へブリッツェンを走らせた。

 

札幌在住のコーヒー好きならおそらくほとんどがその名前を知っているであろう「森彦」へ。

本店ではなくアトリエ・モリヒコ。

 

ここは車道と歩道との間に段差があり、停めるのに少しばかりコツがいるのだが、

歩行者の切れ目を狙い、すんなり停めることができた。

このブリッツェン6も早3500キロ近くを走り、だんだんと車両感覚が身についてきたようだ。

前車B4に比べ、バックするときの距離感が掴みやすい。

マージンを取りつつ、程よい間隔で停められるようになってきた。

 

カフェと赤い車というのは、実にマッチしていると思う。

まあ相変わらずの自画自賛だけど、お許しいただきたい。

水色や黄色あたりも華やぐだろうか。

f:id:blitzen6:20170608210737j:plain

 

いつもは「No.1」というブレンドを購入するのだが、

きょうはこのエンジンにちなみ、久しぶりに「No.6」をチョイス。

f:id:blitzen6:20170608210806j:plain

 

明日の朝は、深煎りのフレンチマンデリンで目覚めよう。

ブリッツェン6の運転席で愉しむ、マホービン入りのコーヒーも格別だろうなあ。